Natural Garden Life
自然に生きる事をモットーに心が欲するまま好奇心に満ちた生活をして行きたいと思います。 ここから発信して行く事が情報として受け入れられたら嬉しいです。
葬儀その後
通夜祭、葬場祭を無事に終え、葬儀後の諸々の手続きも出来る事はやって、今日、三ヶ日に戻りました。
本当はまだまだ名義変更やらいろいろなことが残っていますが、弟や妹にバトンタッチです。
連係プレーは介護の時から上手くいっているので任せます。母のケアもみんなで気遣っていかれるので安心。
今回は子供達、孫達みんなが良く頑張りました!!
お互いを尊重しながら結束が固くなりより仲良くなれました。これも父のお陰かな。

父は次男だったので家には宗教色が何も無く、神道とは聞いていても知らない事ばかりで、葬儀屋さんに聞きながらの準備でした。
斎場の入口に父の写真やら愛用の杖や帽子、父のお料理の事が出ている本やレシピ本など並べて、父を忍んでいただきました。ほぼ家族葬で会社関係や知らない方はお断りして、会場に集まって下さった方たちは、父を良く知っている人ばかり。そして父のお料理を食べた事のある人が多くいらして下さいました。

IMG_0074.jpg

IMG_0071.jpg

供花は弟関係からたくさん届き、名前を見てびっくりの人が多く、きっと葬儀屋さんの頭の中は???だったに違いありません。賑やかな事が好きだった父に相応しく供花が華やかで喜んでいる事でしょう。

IMG_0079.jpg

父の写真は光って見えませんが、確実に家族の中に一緒に映っています。

IMG_0092.jpg

最後のお別れの時にはこのお花をいっぱい入れました。
何回も父の顔を見てありがとう、ありがとうとお礼を言っていたら突然耳に入ってきた音楽『遺作』。
最初からずっとショパンがかかっていたらしいけれど全く聞こえていなかったのに、急に聞こえてきたこの曲、実は友人のお父様が大好きだった曲と言って私にリクエストしてくれた事がある曲でした。
さらに特別な曲になってしまいました。

棺の中には寂しがり屋の父の為に、前日に娘が作ったこの写真のオブジェを入れました。
家族といつまでも一緒です。
そしてお料理の書いてある絵はがきの裏に、家族が一人一人父への思いを書いて、写真と共にいれました。
口には出せなかった思いを書く事が出来ました。手作り感のある葬儀で暖かく送ってあげる事が出来たと思っています。

IMG_0060.jpg

私が産まれてからずっと会社一筋に家族の為に頑張って働いてくれた父、時には単身赴任もしたし嫌な思いもしたはずですが、じっと耐えて最後はサラリーマンとしては最高の終わり方をして62歳で会社を辞めました。
その後、趣味で始めたお料理が本格的になり、男子厨房に入ろう会の会長となり、お料理を男の人達に教えたりしていました。もともと食べる事、飲む事が大好き、手先が器用と言う事であっという間に難しい料理もマスターして人を呼んでは食べてもらっていました。長い間ゴルフ、テニス、ジョギングをしていましたが、若い時には柔道や棒高跳びもやっていたそうです。じっとしていない遺伝子は私が引き継いでいるかも。

今、思い出を書き出し始めたら止まらなくなり長くなったのでカット!
またいつか。





スポンサーサイト


プロフィール

rosegarden0518

Author:rosegarden0518
浜名湖畔に7年半ぶりに戻って参りました。
ここから、私の好きな事、物、いろいろな情報を発信出来たらと思います。宜しくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR