Natural Garden Life
自然に生きる事をモットーに心が欲するまま好奇心に満ちた生活をして行きたいと思います。 ここから発信して行く事が情報として受け入れられたら嬉しいです。
報告2
毎日があっという間に過ぎて行きます。って毎回書いているかも。
本当に一日、一週間、一ヶ月、一年過ぎるのが早くって。。。これって歳をとるごとに早く感じるらしいです。
『この間』は5年くらい前の話だったりするのです。

ドバイからの一行が先週の水曜日に帰って行きました。
荷物をぎゅうぎゅうにスーツケースにいれて、段ボールにも詰めて、手荷物も目一杯もってドバイに日本の物を運んでいました。成田まで一緒にバスで見送り。
最後の3日間はじいじの面倒を見てもらったり話を聞いてもらったり、たっぷりとじいじと過ごした孫とひ孫。ひ孫が4人もいる父は幸せですよね。

IMG_0603.jpg

Koseiも3歳と9ヶ月、今までに大きな手術を2回、その他の検査やカテーテルもあり、何回も入院して頑張ってきました。多少、歩きが遅かったり運動能力は劣るものの頭の回転の早さは倍速?
ユーモアでの切り返しなど見事です。ここまで成長してくれて感謝。
きっとじいじの体質を受け継いで身体の芯が強いのだと思います。これは私も娘達も受け継いでいるらしく、なかなか倒れません。なよっ、ふらっとした所があると可愛げがあるんだけれどね。

Eugeneはすっかりお兄ちゃんに見えるけれど、気が弱くKoseiに頼っている所も発見。
暗い所、トイレに行く時は、Koseiについて来る様に頼んでいます。というか命令しています。
元気にあばれまわってママに怒られシュンとしたかと思うとまたはしゃぎ回る6歳児。
ドバイでは9月から1年生!

スカイプでまた会おうね!
(Koseiに、帰ったら寂しい〜〜って言ったら、スカイプがあるでしょ!と言われました)


IMG_0604.jpg

そしてみんなが帰った日に父が有料老人ホームに入所しました。
父に幻覚が見え始めたり、苦しそうになったり、水とトイレの回数が増え始めたり、とても家族だけでは対応出来なくなってきたのでした。
お医者さんもそろそろどうですか?と母に勧めてくれて、母も同意したので早速お願いしました。
そのホームには、私達の気持ちや父のことを一番に考えてくれる家族がみんな頼っている訪問医師のお父さんも入所していると言う事でした。
ただ、ホームにいれても母が毎日通うだろう、帰る時父が離さないだろうという予測がたっていたので、家にいるのとどちらが母にとって良いかを天秤にかけていたのですが、夜の介護で私も母もへとへとになっていたので決めることが出来ました。
懸念どおり、義妹に車で送ってもらい毎日私と母が行っていますが、帰りがた〜〜いへん!!
お芝居してみたりそうっと帰ったり、振り切って帰ったり。

父は点滴でかなり頭がクリアになってきたので喜ぶべきなのですが、母にとっては休めない毎日なのです。
それにしても恐るべし父の体力。
水と点滴生活50日。今日は久しぶりにアイスクリームを何口か食べることが出来ました。
今日は母と時間差で。
こんなに人に手を握られることはないだろうというくらい父が私の手を握って離しません。
帰りは看護師さんに助けられて帰ることが出来ました。強い父のイメージが甘えん坊のイメージに変わったわ。

そんなこんなですが夜はゆったり母と過ごすことができています。
ご心配メール皆さんからいただいてありがたいです。そして多くの友人達もまさに同じことを今しているのがわかりました。
みんな頑張ろうね!




スポンサーサイト



プロフィール

rosegarden0518

Author:rosegarden0518
浜名湖畔に7年半ぶりに戻って参りました。
ここから、私の好きな事、物、いろいろな情報を発信出来たらと思います。宜しくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR