Natural Garden Life
自然に生きる事をモットーに心が欲するまま好奇心に満ちた生活をして行きたいと思います。 ここから発信して行く事が情報として受け入れられたら嬉しいです。
すずめの学校卒業演奏会終了
去年の5月から始まった吹奏楽『すずめの学校』の卒業演奏会が昨日、アクト大ホールで行われました。
なんと2000人以上収容できるこのホール、夢の大舞台です。
すずめの生徒、2期生120人、1期生が90人、その人達が10枚づつチケットを割り当てられるのですから、2000人はすぐに埋まりますね。
大スターが来ない限りなかなか難しいのに、素人の私達の家族や友人が集まってくれました。
リハーサルが始まり、緊張感が増す中、みんなで楽屋と舞台裏行ったり来たりで写真の撮りっこ。

IMG_6318.jpg

IMG_6326.jpg

IMG_6323.jpg

IMG_6332.jpg

リハーサルの最中にいろいろな変更やら付け加えがありどうなるかと思ったけれど、みんな頑張りました。
いきなり、ここの休みのところ1小節で『ハイチーズ!』と叫んで。とかここは立ってノリノリで動いて。など吹くのに精一杯の私達はプチパニック。でも叫びました。何て言っているかわからなかったと言われたけれど。

1部はとおん組(2期生昼の部60人)の『さんぽ』と『いい日旅立ち』
指揮は塚本先生。(裏では塚爺と呼んでいたのですが)
『さんぽ』は簡単なようで指使いが難しく最後まで練習が必要でした。
『いい日旅立ち』はトランペットが活躍するので私達はあまり目立たないので気が楽?!
全然緊張もせず、主人達はあのあたり、友人達はこのあたりと見えて手を振ったりする余裕もあったのにも関わらず、
身体は緊張しているのか、足がつってしまい、2曲とも足が痛い〜〜と思いながら吹きました。
そして舞台から降りたらすう〜〜っと痛みが取れたのが不思議。
その後、へおん組(夜の部)そしてOBOGの人達の演奏と続き、休憩。
さすが1年余分にやっているOBOGの人達は演奏もまろやかで揃っています。

2部は修也先生(プロの吹奏楽で活躍している方、前回の題名の無い音楽会でもトロンボーンを吹いていました)彼の指揮は1年間でたった4回。さすが押さえる所をおさえみんなをのせて楽しい音楽会作りをしてくれました。
笑って!身体で音楽を感じて!楽しんで!演奏は下手なのはみんなわかっているから、とにかく楽しんでもらおう、そのためには自分たちが楽しもう!!と言ってくれたので、本当に楽しむ事が出来たのです。

『すずめのマーチ』これは1週間前に渡された楽譜です。フルートはトリルばかり、指がつりそう。
『ようかい体操第二』とにかく楽しく!声を出したり弾むように。でも繰り返しの箇所がわかりにくくて、間違えそうになるので要注意でした。
『風になりたい』良い曲なんだけれどパーカッションがすごく難しくて重要。最初の頃は大丈夫かと心配になっていたけれど本当にパーカッションの人達の頑張りには頭が下がります。すごく練習していました。
『世界に1つだけの花』これは会場の人と一緒に盛り上げます。みんな歌ってくれて楽しかったです。
『ブラジル』最大の難関。最後まで合せるのに苦労した曲。ちょっとでも気を抜くとどこを吹いているのかわからなくなってしまって吹く真似しながらわかる所に来るのを待つのです。でも本番、多分合わせられた。。。つもり。
一番の見せ場の曲で思い切り吹きました。結果かなり息が絶え絶えに。疲れた〜〜。

アンコールしてもらえたのでまた塚爺登場。
『アフリカンシンフォニー』でうわ〜〜っと盛り上げてくれました。このラテンの曲はそれほど難しくなくても音の強弱でみんなに聞いてもらえる感じです。
最後の最後、笑顔で舞台を降りる事ができ、本当に1年間やって良かった〜と裏でみんなでハイタッチ。
この満足感久しぶりです。
しばらくすずめロスかな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

rosegarden0518

Author:rosegarden0518
浜名湖畔に7年半ぶりに戻って参りました。
ここから、私の好きな事、物、いろいろな情報を発信出来たらと思います。宜しくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR